ハードレベルとOSレベルの仮想化基盤

仮想化基盤でよく利用されるケースは、一台のハードウェア上にハイパーバイザーと呼ばれるOS管理用のソフトウェアを載せ、その上に様々なOSをインストールして使用します。

この方法のメリットは異なる種類のOSを混在させることができる点ですが、全てのOSがハイパーバイザー内の仮想ハードウェアを利用するために負荷が高いことと、同じOSを複数載せる場合でもひとつひとつにライセンス料金が発生するといった難点もあります。

また、実際の運用現場ではサーバー管理者が得意とするOSに統一されることが多いため、OSを混在させるメリットも生かせないことが多いようです。


そういった問題を解決するために、ベースにするOSを仮想化するアプローチによる仮想化基盤も存在します。



この方法では一台のハードウェアにひとつの実OSとOS仮想化アプリケーションをインストールし、その上に複数OSの仮想環境を作成することになります。



この仮想環境のOSはハードウェア上に載せたひとつの実OSをテンプレートとして動作します。

livedoorニュースのマニアックな情報をお届けします。

この方法は一種類のOSしか使用できませんが、ベースとなるOSがハードウェアに密着しているため、動作は非常に高速です。

また、管理の点でも優れており、セキュリティアップデートなどもベースとなるOSにだけ適用すれば全ての仮想環境に反映されます。もちろんOSやアプリケーションのライセンスはひとつで済みます。

どちらの方式の仮想化基盤にもメリット、デメリットがあるので、システムに合わせて使用する方式を検討することが重要です。