初心者向けの仮想化基盤の基礎知識

仮想化基盤とは、仮想化されたIT基盤のことです。

まず「IT基盤」というのは、具体的に言うとITのインフラ(基礎的な設備)であるコンピュータなどのことを指します。



そして「仮想化」というのは、1台のコンピュータを使って、あたかも複数の独立したコンピュータが動いているように見せる技術のことです。もともと独立したコンピュータは、CPU・メモリ・ハードディスクというハードウェアと、OSという基本ソフトで成り立っていますが、仮想化の技術を使うと、複数の仮想化されたコンピュータが、1台の物理的なコンピュータのハードウェアやOSを共有することで、それぞれが独立したコンピュータとして使えるようになります。

つまり仮想化基盤には、限られた数のコンピュータで、それ以上の複数の作業を同時にこなしたり、または効率的に行うことが出来る可能性があるということです。

ただし仮想化基盤の問題点としては、まず、1台で複数の仮想化されたコンピュータを動かさなければならないわけですから、ハードウェアの性能が高くなければ実現出来ないということが挙げられます。



なので仮想化を行う際は、ハードウェアの性能を上げるために増設を行わなければならないのですが、その増設を行うときは一旦コンピュータを停止しなければならないため、IT上のサービスに支障が出るという問題が発生してしまいます。



しかし、コンピュータを起動したままでの作業が可能になる「ライブマイグレーション」という技術もあります。